新しい日常の発見|ローライ35とスナップ写真

今回は白黒フィルムのKodak Tri-Xの写真です。カメラはいつものローライ35。

白黒の良さをずっと考えて、正直思い付かなかったのですが、日常の見方がガラッと変わりました。色を引っこ抜くと光と影の良さをとても実感します。カラーで撮るとつまらないものが白黒だと面白く感じてシャッターを切るものが少し変わる気がします。色んな方が写真を撮るときに光に魅力を感じていたのが今ではとても理解できます。普段の何でもない景色でも、良い光を見つけると目が止まるようになりました。こうやって当たり前の日常に魅力を感じられるのは本当に写真の素晴らしいところだと深く思います。

広告