Agfa Vista Plus200で撮影|ローライ35とスナップ写真

今では数少ない変わり種なフィルム、Agfa Vista Plus200で撮影して見ました。数年前はもう少しこういった海外ブランドの特徴のあるフィルムが市場に出回っていましたが、今では数少ないラインナップの1つになってしまいました。昔はSolarisが好きでよく使っていたのですが、今では残念ながら生産中止になってしまいましたね。Agfa VistaはどちらかというとSolarisに近いような写りをするなあと思って今回初めて使ってみました。事前にいろんな方の作例を拝見させて頂いて、かなりドライに映ること、低再度だが赤が抜けるくらいは頭に入れていました。今回まさに季節的にもピッタリだと思い、パシパシ撮って見ました。

思った通りにドライでカラッとした写真に仕上がりました。色味に関しては赤以外にもグリーン、シアンもぐっと前に来て、低彩度というより、コントラストが低い写りでそう感じるのではないかと思いました。予想以上に理想通りと言いますか、この寒い真冬にはぴったりのフィルムだと思います。冬の間はこのフィルムを常用として使おうかと思います。3本パックで2,000円ちょっとですし。ISO200という中途半端と思いきや使い勝手が良い感度ということもプラスですね。ISO100だと結構撮影できる環境が限られますが、200あると意外と万能に使えますね。そしてAgfaみたいなフィルムだとこの荒さが魅力に感じてしまう不思議があります。このくらいのサイズだとあまり荒さは目立たないですが。このカラっとした写り繋がりで、次は フジカラー100も試して見たいですね。あのフィルムも風景を撮るには持ってこいな印象ですね。話はずれますが、フジカラーC200とかもどうなんでしょう。冬季の常用フィルムはこれで決定しそうです。暑い季節になってきたらもう少しみずみずしい質感のフィルムが良いので、そこは引き続き探していきたいと思います。ちょっと試したいフィルムが増えて困りましたが・・。

今カメラに入れてるフィルムはProvia100なので、次回はリバーサルフィルムのProvia100の写真になると思います。

広告