きのこ王国でキノコ狩り@長野県伊那市

長野県伊那市のきのこ王国に行ってきたお話。人生初キノコ狩り体験しちゃいましたよ。結果、めちゃくちゃ楽しかったです。色々な意味で忘れられない思い出。

【レビュー】小黒川渓谷キャンプ場で2泊。した際に、観光がてら周辺観光に色々行きました。伊那は魅力たっぷりでしたよ。で、今回記事にしますきのこ王国は中でもパンチが効いておりました。

16063-5-%e5%b0%8f%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%93%e8%b0%b7%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b4_170102_0018_fotor

きのこ王国小黒川渓谷キャンプ場から車で約9.5km で、20分ほどの距離です。途中の道で「きのこ王国 駐車場1000台完備」の看板が何度か出てきます。1000台って大規模!すごい!いや、そんなに人来るのか?という疑問が湧きますが、とりあえず向かいました。

最後はぐんぐん登るのでこんな高いところにキノコ狩り施設が?と少し焦りますが、無事到着。駐車場1000台は予想通りガラガラです。人混み苦手なのでひと安心。(ポジティブ。)そして曇りですがこの景色。標高の高さが伝わるでしょうか。

16063-5-%e5%b0%8f%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%93%e8%b0%b7%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b4_170102_0027_fotor_fotor

この施設できのこ狩りができるのは季節限定で、HPによると2016年は11月27日までだったそう。私たちは6月に行きました。で、冬の間はなんとスキー場になるのです!その名も中央道伊那スキーリゾート。お名前も変わるのですね。2016年は12月16日からスキー場として営業したようです。

きのこ狩りからスキー場なんてイメチェンにもほどがある・・・と驚きましたが、施設の広さや標高の高さなど納得できる面も。施設を季節ごとにうまく適用させて人を呼ぼうという姿勢と、このアイディア。素晴らしいと思います!

で、きのこ王国ですが、入場はなんと無料。キノコ持って帰れない、不要な人なんかは無料で入って、狩らずにきのこ見学も可能。ちなみにきのこ狩りだけでなく、レストラン、BBQ、おみやげ屋さん、トランポリンなど遊べるものも少しあります。

では早速きのこ狩り!こちらにもある通り、手ぶらで問題ないです。きのこ狩りゾーンの入り口でカゴを借ります。その日収穫できるきのこの種類が書いてあり、またスタッフの方(きのこに詳しそうなおじちゃんおばちゃんでした。)にも色々と聞くことができます。私たちの時はシイタケ、マイタケ、タモギタケでした。

カゴをもらったらあとは自由にハウスや森の方に行って、すきなだけ狩る!という感じ。進むと早速四角い塊?に、きのこが!!!生えている。。。。

こんな景色見たことありますか?この塊はカビ?菌?怖すぎる。サワレナイ。巷ではキャピキャピくだもの狩りするのが流行っていますが、きのこ狩りはそんな甘くないぞ。でもそんなところがいい。渋い。

そんなこんなで勇気を出してきのこに触りいざ収穫!意外としっかり生えていて取れない。生命って凄い。。。。という感じで初めは触るのも躊躇しましたが、だんだん慣れてきて、ホイホイ収穫していました。少し気持ち悪い感じが笑えて、私たちはハマりました。

ちなみに虫は結構な数います。ビニールハウスなんか特に。でもコバエです。私は(キャンプ好きなくせに)虫苦手ですが、普段食べているものの知らない一面が見れて勉強になる・・と思うと乗り切れました。

シイタケは確かビニールハウスと、外で栽培しているものの2種類ありました。ハウスのシイタケの方が柔らかくふっくらな感じ。これはアナタどこから生えているの!?というシイタケの写真。16063-5-%e5%b0%8f%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%93%e8%b0%b7%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b4_170102_0024_fotor_fotor

 

レアなきのこタモギタケ。黄色が鮮やかで綺麗。スタッフのおじさんによると、北海道にしかないきのこで、菌を分けてもらって栽培しているとか。これ後でレストランでスープ頂いたのですが、噛むととんでもなく美味しい出汁が出て感動。この菌うちにも欲しい!と盛り上がる。

16063-5-%e5%b0%8f%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%93%e8%b0%b7%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b4_170102_0013_fotor

 

なんだかんだ1000円分くらいきのこをゲット。結構な量ですね。あ、100g150円からなので安いです。私たちはたくさん採ったので。

きのこ狩り後はあんまりお腹空いてなかったのですが、せっかくなのでレストラン(食堂?)できのこの定食をシェアしました。さすが全て美味しい!どれもこれも出汁が効いていて、きのこってこんな美味しかったっけと。

キャンプ場に戻ってからは採ったきのこで、ゴルゴンゾーラきのこリゾットを作って食べました。これまた美味しくて。自分で採ったものを食べている感も良かったです。

きのこ狩りできのこの美味しさを知って以来、私も連れもきのこへの見る目が変わりました。鍋するときに色々な種類のきのこを買ってみたり、高いきのこを食べてみ流ようになりました。

きのこ狩りはなかなかできない体験だと思うので、伊那にきた際はぜひ。

 


 

余談ですが私は収穫したきのこを家族へのお土産にしていました。持って帰ったその日に少し使い、残りのきのこを透明なビニールに入れていました。それを2日後くらいに見たところ。虫がうじゃうじゃしていたそう(T . T)

慌てて調べると、採れたてきのこは普通このように中にたくさんの虫がいるため、気になる場合は水につけて虫を殺すなどの処理をしなければならなかったとのこと。。ただこれらの虫は食べても害はないため、気にせず調理する人も多いそう。

私も結果的には知らずに食べていた・・・・知ってしまうと恐ろしい話。自分が食べているもののことすら何も知らずにスーパーでばっかり買っているからこうなったのですね・・・反省。ということできのこ狩りするときは食べる前によく洗い、少し水につけて虫抜きをすることをオススメします。これに懲りずきのこ狩りはまたしたいです。今度は虫抜きもちゃんとしようと思います。

 

 

広告

きのこ王国でキノコ狩り@長野県伊那市」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【レビュー】小黒川渓谷キャンプ場で2泊。 | MARG

コメントは受け付けていません。