Kodak Super Gold400の色合い|ローライ35とスナップ写真

常用フィルムとして候補に上がりやすいKodak SuperGold400の色合いを見ていきたいと思います。フジのSuperiaに比べ、値段は高いのですがSuperGold400は全体的にノスタルジックな写りと、自然な色合いで非常に気に入りました。早速写真を見ていきたいと思います。

ローライ35で撮影した浦安の街並みの写真ローライ35で撮影した川と空の写真

雲の立体感や空気感が自然に写ります。シアンの発色も滑らかでナチュラルに仕上がりました。前回紹介したFuji Superia X-tra400と同様の若干ビビッドに補正してもらっていますが、色乗りに違和感がなく心地良いです。

ローライ35で撮影した昭和初期の街並みの写真ローライ35で撮影した昔の銭湯の写真ローライ35で撮影した古民家の写真

草木の緑も自然な発色で、色味に派手さがなく、見た色に近い写りをする印象です。彩度はどちらかと言うと低い印象でしょうか。淡い写真に見えます。前回のFuji Superia X-tra400で撮影した時は、シャープでカリカリした写りに加え、色は派手でベッタリしたインパクトのある出来栄えでしたが、こちらはかなり落ち着いた写真に仕上がりました。

20161224-000012

(写真をクリックorタップで購入ページをご覧いただけます)

常用フィルムとして今後使っていきたいフィルム候補です。次はFujifilm Superia Premium400を見て見たいと思います。常用フィルム探索の旅はまだまだ続きます。

広告