歴史あるパリの街並み|D3200とスナップ写真

パリへ行った時撮影した街でのスナップ写真をお見せします。カメラはいつものNIKON D3200で撮影しています。歴史あるパリの街並みをお楽しみください。

(撮影場所:パリ)

 そしてカメラの話になりますが、ローライ35のつぎに購入したカメラはこの写真を撮影したNikon D3200です。いわゆるエントリーモデルなわけですね。ただこのカメラ非常に満足いくものでありました。ようやく近頃しっかり使えるようになったのかも知れません。RAW現像で調整せずとも、好みの色合いで撮れるようになってからは、写真自体に文句はありませんでした。趣味程度ですのでプロの方が求めるクオリティでなくとも雰囲気の良い画で十分でしたので。(載せている写真はレタッチしています)

ただやはり徐々に不満も出てきまして。一番難点なのがマニュアルフォーカスを使うときに、しっかりピントがあっているかがわかり辛いのです。ミラーの構造上仕方ないことですが、大事なタイミングを逃すのは非常に痛いですから。かといってオートフォーカスだとなかなかイメージと動作が連携せず、まだマニュアルでいくつか撮りなおす方がましだと思ってしまいます。もちろん腕の問題もあると思うのですが。あとはシャッター音と質感です。ローライ35と比較するのは可笑しな話ですが、重量感であったり、少しおとなしめのシャッター音が気になるところです。このあたりは人それぞれの感覚ですが、本人にとっては重大な問題です。

広告