何気ない街並み|ローライ35とスナップ写真

後日お見せすると言っていた、ローライ35で撮影した写真を載せます。何気なく撮影した写真たちです。家のリビング、近所のアメ車、下北沢の路地など。

かろうじてスキャンしていたローライ35で撮った数枚の写真です。家庭用のプリンタでスキャンしただけなので、本来のポテンシャルは垣間見れないのですが。

そんなこんなで久しぶりに、昔とった写真を見返そうとアルバムを探していたら、撮りっぱなしで現像していないフィルムが2本でてきました。フィルムケースにはかすれた文字で「インド」の文字が。すっかり現像するのを忘れていた5年前のインド旅行のフィルムでした。今さら現像しても、まともに映っているかわからないとも思いながら、せっかくなので現像をお願いしました。綺麗に現像できることを願うばかりですが。いずれにせよ、楽しみです。

改めて、フィルムで撮影するシャッターの重みは、純粋に写真を撮る楽しみと興奮を教えてくれます。今朝の出勤はバスを使わず、歩きでパチパチ撮りながら駅まで。ところで、シャッター音なのですが、まさに文字通りでパチッとなります。これがまた心地良い音で、次のショットを上手に急かしてきます。こうしてまたフィルムの世界へ引き込まれていきました。

一方、デジタルの方はと言うと。昨日、PCの整理整頓をしてふと思ったのですが、今まで撮影した写真をきっちりイベント別に振り分け、もう一度現像し直そうと思っています。今レタッチすればもう少し理想の画になるような気がしています。

というのも、当時はまだフィルムからデジタル一眼レフに移行したばかりでしたので、シャッターを切って出来た1枚が完成品だと思っていました。なので撮影後はそのままjpegでアウトプットしただけでした。当分はまだまだ試行錯誤していくことになると思います。

広告