お夕食

岐阜県中津川市 渡合温泉ランプの宿 のお夕食を紹介します。

dsc_0368

 

・川魚の塩焼き(たぶんイワナ)
これ骨まで食べられます。頭と尻尾も頑張ればいける。
はじかみのピンクが可愛い。連れの方は初めてはじかみを認識していました。

・たけのこ、菜っ葉のおひたし
甘めの味付け。安心する味!

・川魚のお刺身
びっくり。臭みが全くなくてとても美味しい。
外の大きい水槽で飼ってると女将さんがおっしゃっていました。

・らっきょう、何かのお漬物

・胡麻豆腐・・・と蜂の子
胡麻豆腐はとっても美味しかったです。
で、問題は、この器上げ底だったのです。
胡麻豆腐を持つと上げ底の部分がまた器になっていて(筒のような感じ)、
なんと 蜂の子 がいらっしゃっていました。
ここで逃すと一生食べられないと思い、崖から飛び降りる覚悟で口に入れると
意外と普通でした。貝みたいな・・深みのある味。

・那須のお浸し

・黒いキノコ!!
何のキノコだろう。少し苦味があって大人の味。
連れの方の分もいただきました。

写真には写っていないけど、この日のメインは川魚マス様の姿揚げ!
そして名物のケイジャン!!

お腹い~~~~~っぱい食べました。
料理が出てきて、正直この量は完食できないかも・・・と初めは思ったけれども、
宿の方が土地のモノを丁寧に料理してくれている姿を思い描くと、残すなんでてきませんでした。
&単純に美味しすぎて食い意地も張っていました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中